2015年11月18日

朝の散歩道


朝、次第に明るくなっていく空がとても綺麗だったので写真を撮ろうとipodを持って犬の散歩に出掛けた。
ついでにヘッドフォンを付けてプレイリストからタイトル1982を選ぶ。インターネットラジオでも80年代の音楽が聴けたりするけれど、今の定額配信サービスはオフラインで聴けるように曲を選んでダウンロードし、好みのリストを作れるのが便利。
1982年 まだ19歳だった頃、専門学校で出会った仲間たちは本当にみな楽器が上手で、あまりのレベルの違いに恥ずかしくなった僕はボーカルに回った。ギターの代わりに当時スナックを経営していた父から貰ったカラオケ用のエコーマシーンを抱えて満員電車に乗り代々木のスタジオに入った。ギターのたけおは静岡、ドラムのブーは秋田、ベースのまさしは熊本出身だった。いなかものの集まりだ。みんな新聞配達やバイトをしながらなんとか学校に通っていたが、途中から次第に来なくなり会えなくなった。僕もその行かなくなった方の一人だった。一緒にスタジオに入ったのもたったの1回だけだったけれど、その日の記憶は鮮明に覚えている。
誰もいない直線の農道を犬と一緒に歩きながら大きな空をながめ、好きな音楽を聴く。とても贅沢な時間だと思った。ちなみに聴いていたのはゲイリームーアのパリの散歩道ではなく「The end of the world」
みんなどうしてるだろうか?会いたいなもう一度。それぞれの世界が終わる前に。


posted by yy at 13:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする